理想の結婚式会場の見つけ方

ウェディングドレスの代わりにスーツを着たり、花も装飾も一切なしにしたりと、結婚式の要素には絶対的なものはありません。ただし、一つだけ外せないものが会場です。結婚式を開くのは友人や知人に集まって祝ってもらうのが目的なので、詳細はどうであれ、会場選びは重要です。

会場がなければ友だちを招待することもできません。ところが、数ある選択肢の中から完璧な会場を見つけるのはそう簡単ではありません。そこでこのページでは、会場探しの際に遭遇するすべての障害を乗り越えるための、簡単なヒントをご紹介します。

プランナーと話す

具体的な場所を検討する前に、プランナーとよく話し合いましょう。プランナーは、会場の間取り、スペースの利用法、必要となる時間や物などに関する知識や経験が豊富です。ユニークな会場や、なかなか手に入りにくそうなスペースを検討している場合には、あなたのプランナーが力になってくれるはずです。

自分の構想にあった会場を選択する

これは当たり前のように思えますが、必要条件に合ったスペースを見つけることはとても重要です。例えばモダンな結婚式を考えているなら、倉庫、面白いデザインのレストラン、ギャラリーなどを当たってみるのもよいでしょう。

一方、結婚式に自然の要素を取り入れることもできます。牧場、自宅の庭、公園などで式を挙げることも可能です。あなたの感性にあった場所を選ぶことで、そのスペースへの愛着が強くなることでしょう。

wedding venue

ゲストリストを作る

ゲストリストを作るのはまだ早すぎるように思われるかもしれませんが、ゲストの人数が分からなければ会場を探すことはできません。例えば、小さめの会場を選んで、招待状を送ったゲストの大半が出席と返事をしてきた場合、ゲストを全員収容できるスペースがなくなってしまいます。

ほとんどの場合、招待する側は、招待客の人数を少な目に見積もるものです。ですから、手遅れになる前にゲストリストを完成させておきましょう。ゲストリストは予算の内訳を把握する上でも役に立ちます。

予算を決定する

予算は「会場費」だけに関係するわけではありません。飾りつけ、ウェディングケーキ、料理などの項目もすべて含める必要があります。そこでまずは予算総額を設定し、そこから諸経費の内訳を決めるようにしましょう。

会場経費が大幅に予算をオーバーしてしまうようなら、計画をグレードダウンするか、もっと割安な場所を探しましょう。

何が含まれているかを確認する

なにもかもサービスに含まれている会場もあれば、自分で装飾や業者を持ち込むことができる会場もあるため、必要となる経費をすべて書き出しましょう。リネン類、椅子、テーブルが含まれている会場を見つけたとします。これは、自分たちですべてレンタルしなければならない会場を使う場合よりも、前払いで請求される金額が高くなることを意味します。レンタル会社から見積もりを出してもらい、金額を正しく比較することが大切です。